スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kommol tata

コンニチワ!
ウエリップです。日記を読んでくれてkommol tata!!
早速ですが前回お話しした続きを今日は書きたいと思いマス。

マーシャル諸島共和国は海抜3メートルしかなく地球温暖化により水位が上がり海水に沈んでしまう危機があることは前回お話ししましたネ。そこでJFCはいろいろな方法を考え、まずは「マーシャル諸島共和国」という国があることを知ってもらおう!ということになりました。そこで出た案が「kommol tata(日本語でどうもありがとうという意味)」のアイス屋さん!話は単純ですが実現化をするまでの道のりは決して簡単なものではなかったデス。今年の2月から試行錯誤をして4月にようやく池袋に「kommol tata」という看板を出すことができました。この時ばかりはみんなで感動したものデス。思い描いている絵はいっぱいあるけど、まず一歩。一歩踏み出せたのです。5月25日にはな、なんとマーシャル諸島共和国外務大臣がお店にいらっしゃいました。

<写真1>店内に入り陽気にポーズをとる外務大臣ジェラルド・ザキオスさん
SANY0034_2.jpg


<写真2>スタッフのみんなと記念撮影
SANY0036_1.jpg


外務大臣は大変喜ばれお店をあとにしました。ウエリップもとっても感動しまシタ。
まず一歩!一歩デス!これからもJFCは前へ進んでいきまスヨ!
スポンサーサイト

テーマ : マーシャル諸島共和国を残したい! - ジャンル : 日記

COMMENTS

COMMENT FORM

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。